ある条件を満たすDOM要素を抽出するコード

週末にデモプログラムを作成する時、ある要素の中から、指定された条件を満たすDOM要素を抽出する機能が必要だった為、下記のようなコードを作りました。

1
2
3
4
5
const selectAll = el => condition => [el,
...Array.from(el.children)
.map(child => selectAll(child)(condition))
.reduce((arr, i) => arr.concat(i), [])
].filter(condition)

考え方

実は、主な作業は2つだけです。

  1. 全ての要素を羅列します。
  2. 条件に満たしている要素をフィルターリングで抽出します。

コードを書けばこうなります。(allElements=全ての要素、condition=条件)

1
const selectAll = (allElements, condition) => allElements.filter(condition)

関数の再利用を考えたら、コンポジション)を採用した方がいいでしょう。

1
const selectAll = allElements => condition => allElements.filter(condition)

1つ目の作業はどう実現するかは問題です。DOMはツリー構造なので、親要素の元に要素があり、その要素の中に、さらに子要素が存在する。ツリー構造のケースに対処する場合、再帰を使用することは一般的です。関数型風に書きたかったので、Array.prototye.mapとスプレッド構文を利用することにしました。DOM要素のchildrenはHTMLCollection型で、map関数が備えていません。よって、まずArray.from()で配列に変換する必要があります。

1
const selectAll = el => condition => [el, ...Array.from(el.children).map(child => selectAll(child)(condition))]

しかし、上記のコードだと関数selectAllの戻り値は配列になります。そのまま再帰してしまうと、配列内に配列が格納されることになります。reduceを使って、flatten効果を果たさせます。

1
2
3
4
5
const selectAll = el => condition => [el,
...Array.from(el.children)
.map(child => selectAll(child)(condition))
.reduce((arr, i) => arr.concat(i), [])
].filter(condition)

こんな考え方で、今回のコードを完成させました。

使用例

1
2
3
4
5
// 全てのdiv要素を抽出する
console.log(selectAll(document.querySelector('body'))(el => el.tagName === 'DIV'));

// IDはappの要素の中から高さが300px以上になっている要素を抽出する
console.log(selectAll(document.querySelector('#app'))(el => el.clientHeight >= 300));

結論

やはりJSで関数型プログラミングするのは気持ちいいw